invi
 
HP 500 SE

OCTAVE(オクターブ)社のロングセラー商品であるHP500は創業とほぼ同時期から存続しており、その後も多方面にわたり、アンプ生産に対する取り組み方を特徴付けています。15年間以上もの間、このアンプは素晴らしい音質と、最先端の真空管技術の手本とされています。その間、定期的なデザインの改良を加えながら、常にトップの座を維持してきました。
 OCTAVEは、Stereoplay誌(ドイツ国内のオーディオ誌)の25周年を記念して、この程SEバージョン(特別版)を開発しました。これによりHP500は、さらに一歩、最先端へと生まれ変わったのです。EF184(D3Aに差し替え可)5極電子管を2本使う事で、最新版HP500では、出力ステージが極めて広範囲の帯域幅(0.2Hz~2.3MHz、6dB)となっています。  また、フォノ回路の極度な超低域のカットはよりクリアでしっかりした低音と、スリル満点のミッドレンジ再生の土台を提供します。今回改良された超低域のカットオフ周波数により、HP500SEは、録音時の最も複雑な色彩感の正確な表現を可能にします。
 更に今回新しいのは、HP500SEにはゲイン(増幅度)切替え機能が備わっている点です。ゲイン回路は音量調節の範囲を変更して、お使いのパワーアンプやスピーカーに適応させる事ができます。
 OCTAVEは更に外部電源装置を洗練させました。MOSFETトランジスタによる高電圧電源回路の安定化、増加されたブロックコンデンサの蓄電容量、高性能なショットキーダイオードによる整流回路。これらの改良により、ノイズレベル300μV以下の事実上ノイズフリーの電源回路となっています。これらの特性は、103dBという並外れた高SN比に貢献しています。純粋なラインレベルバージョンとは別に設けられたHP500SEフォノMM/MCには、別々のMMとMC入力、サブソニックフィルター、そして精密なインピーダンスマッチング回路が装備されています。

・オーバーオールな負帰還増幅による2ステージ真空管プリアンプ
・広帯域な特性を持つ5極管であるEF184(D3Aに差し替え可)を2本使用した、クラスAオペレーションによる出力段
・グラウンド電流からの強力なアイソレーションと、郡遅延歪み無しのトランス結合によるバランス出力(XLR端子)
・お手持ちのパワーアンプやスピーカーとの最適なマッチングを図れるゲイン(増幅度)切り替え機能
・MOSFETによる安定化電源回路
・改善されたS/N比(103dB)
・ソフトスタート(ヒーター並びに供給電圧のランピングアップ)による電圧管理で、真空管の平均寿命を10年延長
・フォノ回路は、MMとMC各々別々の入力端子を装備。切り替え可能のサブソニックフィルター、
  そしてMC入力の入力インピーダンスは37-500Ωの範囲で変更が可能
・赤外線リモコン付属(音量変更のみ)

 

  Specifications      
invi
  [使用真空管]      
invi
  入力ステージ   1×ECC 82  
invi
  出力ステージ   2×EF184(Siemens D3A)  
invi
invi
  [特性]      
invi
  周波数特性  
3Hz~500kHz(1.5dB)
 
invi
  SN比  
-98dB(RCA)
  -103dB(XLR)
 
invi
  出力インピーダンス  
100Ω(RCAフォノ)/2×50Ω(XLR)
 
invi
  [入出力]      
invi
  入力  
4系統(ラインレベル:RCAフォノ)、フォノMM/MC
 
invi
  出力(テープ)  
1系統(RCAフォノ)
 
invi
  出力(プリアンプ)  
2系統(RCAフォノ)   、2系統(XLR)
 
invi
invi
  invi Download:
取扱説明書:hp500se_jan.pdf
 
invi
  General Facts      
invi
  [寸法]プリアンプ本体  
W435×H147×D393mm
 
invi
  [寸法]電源部   W180×H100×D280mm  
invi
  [重量]プリアンプ本体   10kg  
invi
  [重量]電源部   4kg  
invi
  本体価格   ラインモデル:¥1,230,000(税別)
フォノモデル:¥1,420,000(税別)
 
invi
  仕上げ(フォノモデル)   HP500SE/BK(ブラック)、HP500SE/S(シルバー))  
invi
  Dimensions (in mm)
invi
bild
invi
invi
invi
invi invi
  bild
invi invi
 
  Frequency Response accuracy of line-stages in "low gain" setting 20 Hz - 200 kHz: 0,1 dB
invi invi
 

 

Total Harmonic Distortion:

invi invi
  bild
 
  Total Harmonic Distortion (THD + noise) of Line-Stage between 20 Hz and 200 kHz.
The distortions remains low up to 20 kHz.
invi invi
 

 

Interfering Signal Spectrum

invi invi
  bild
 
  Interfering Signal Spectrum from Line-Stage by 5 V Output Voltage and 1 kHz. Clearly recognizable dropout from harmonics and the extrem low Noise. No ripple remains on 50/100 Hz.
invi invi
 

 

Phono RIAA:

invi invi
  bild
 
  Frequency Response of Phono-Stage with and without Subsonic-Filter
 
^ top