Black Box

The Black-Box is an external Power Supply Booster.


Super Black Box

The Super Black-Box is an external Power Supply Booster with enhanced Capacity.
 
 
 
 
 
invi
 
RE 320

Jubilee SEの技術を搭載したステレオパワーアンプ
130W×2 STEREO POWER AMPLIFIER

新しいRE320は、OCTAVEのSE技術を巨大なモノラルタワー型ではなくコンパクトなステレオパワーアンプとして効果的に実装されています。
OCTAVE RE320ステレオパワーアンプは、このシリーズが重要な進化を遂げた証です。アンプを特徴付ける増幅段は、かつてのモデルを見直した結果として、Jubilee SEの技術的なディテールを初めて活用するものとなりました。

SE technology
SE構想のために特別に開発された電源供給や高度な専用設計の広帯域トランスと共に、RE320はほぼどんなスピーカーをもドライブする駆動力を備え、負荷の影響を受けず常に極めて安定した性能レベルでの再生が可能です。
OCTAVEのフラッグシッププリメインアンプV80SEに搭載されたこの技術は、さらに強化された安定性と極度のリニアリティーを実現しました。
ドイツのハイファイ誌の“Stereoplay” 03/216号でのRE320のレビューにおいて、経験豊かな著者Roland Kraftが明らかにしています。:「接続されるスピーカーから見てもこれほどまでに安心できる真空管アンプはほとんど知らず、つまりは、どんな組み合わせにおいても優れた音響再生を楽しむことが出来るということです。」
コンセプトは現代的なKT150をベースにした五極管出力段です。KT150の極めて高い出力電流は、プッシュプルモードで使用し、約2 x 130Wの最大出力を獲得しました。

不変の性能レベル
RE320の再生周波数特性は5Hzから85kHzに至るワイドバンドです。インパルス出力を見てみると、RE320は200W以上も達成可能です。このため電源部は極めて重要で、多大な貯蔵電源容量と瞬発力を兼備したダイナミクスを両立し、OCTAVEならではの性能を支えています。
革新的なディテールは多年の使用においても一定の性能レベルを確約します。そのため、例えばノイズレベルは-110dB以下と極めて低く、高能率スピーカーでさえもハムやノイズは聴こえません。
バイアスの正確な調整、様々な真空管タイプ用の出力スイッチ、インテリジェントなエコモード、外部Black Boxモジュールや切替え可能なRCAとXLR入力のオプションの接続などに対応し、様々なシステムを実際に構築することが出来ます。
RE320は全ての負荷において安定性と信頼性のあるサウンドで魅了します。
音楽再生のしやすさは特に印象的で、信じられない程の制動力のおかげでサウンドは常に安定し、音楽のスケールをそのままに最も素晴らしい魅力と自然さを細部まで伝えます。

■ オプションのBlack Box / Super Black Box
Black Box技術により、OCTAVEはスピーカーを実際に駆動する能力を向上できるアップグレードパスを提供します。この柔軟性はOCTAVEブランドの特徴として広く知られています。
アンプのダイナミクス性と音調の安定性は電源供給の安定性と電源供給貯蔵コンデンサの容量に大きく左右されるため、Black BoxとSuper Black Boxはコンデンサの容量をそれぞれ4倍(Black Box使用時)と10倍(Super Black Box使用時)に増量する外部アップグレードユニットとして開発されました。これは、鳴らしにくいといわれるタイプのスピーカーを接続する場合には、とてつもなく大きい恩恵をもたらします。アンプは極度に低いインピーダンスでスピーカーを駆動でき、スピーカー能率による問題は軽減されます。

■ バイアス調整機能
RE320の出力段はA/Bクラスで操作されるため、調整可能なバイアス制御が必要となってきます。最も洗練され、極めてシンプル、且つ正確なバイアス調整システムは本体のフロントパネルからアクセスできます。外部から正確なバイアス調整できる3回転ポテンションメーターとLEDによる確認方法で出力管を瞬時にモニタリングし、天板上での個々のバイアスの調整が簡単に行えます。測定用のマイクロメーターなども不要で、特別な知識や工具も必要ありません。
正しいバイアスはRE320の不変の音質に不可欠です。この機能により、真空管の変更やコンディションを確認するのに技術者にサービスしてもらう必要はありません。この使い勝手の良いシステムの精度誤差は±0.5%という正確さです。

■ 電力管理と保護システム
RE320には電源投入時に典型的な高突入電流が原因となるストレスから保護し、コンポーネント並びに真空管の寿命を大幅に伸ばす多段式のソフトスタート/電源投入保護回路が装備されています。本体はRE320をモニタリングする保護システムと共に定義された順序で起動し、誤動作が検知されると保護システムが始動し、RE320の電源を落とします。

invi
invi
電力セレクタの双方での周波数特性帯域幅。High位置での130WとLow位置での75Wの最大出力は25Hzから30kHzまでの範囲で不変となります。
 
Add On Modules   Black-Box and Super Black Box

  Specifications      
invi
  出 力(4Ω時)   High:130W×2(連続)、200W×2(ピーク)
Low :75W×2(連続)、140W×2(ピーク)
※8Ω時の出力は上記より20%減
 
invi
  出力段構成   5 極管接続プッシュプル  
invi
  周波数特性  
25Hz.85khz/-3dB (フル出力時)
5Hz.85kHz/-3dB (5W出力時)
 
invi
  ノイズ   100μV 以下、100Hz~15kHz>-110dB  
invi
  ハムノイズ   250μV 以下(出力管による)  
invi
  増幅度   28dB(RCA)  
invi
  N F B 値   14dB  
invi
  入力感度  
RCA:0.8V (220kΩ入力負荷)
XLR:1.6V (20kΩ入力負荷)
 
invi
  全高調波歪み  
0.1%以下(10W/4Ω)
 
invi
  S N 比  
100dB 以上
 
invi
  最少負荷インピーダンス  
 
invi
  バイアス  
Low: 35mA
High: 40mA
 
invi
  出力管  
KT150×4
出力管はOCTAVEオリジナルのバイアス調整機能により、KT120等の同等管と差替え可能
 
invi
  ドライバー管   ECC 82 ×3  
invi
  icon Download:
取扱説明書:re320_jan.pdf
 
invi
  General Facts      
invi
  消費電力  
180W 最小(無信号時)、 550W 最大 、 20W エコモード時
 
invi
  入力  
RCA × 1 系統 | XLR × 1 系統
 
invi
  スピーカー出力   バインディングポストx 2ペア (4mmバナナプラグ, Yラグ6mm 以上対応)  
invi
  その他  
BLACK BOX / SUPER BLACK BOX 接続端子
 
invi
  ヒューズ   6.3A (スローブロータイプ)  
invi
  サイズ  
488W x 211H x 410Dmm ※ノブ・端子・グリル含む
 
invi
  重量   27.6kg ※グリルカバー含む  
invi
  仕上げ  
シルバー/ブラック
 
invi
  付属品   電源ケーブル、スペア出力管、バイアス調整用3mm ドライバー、
グリルカバー脱着用六角レンチ
 
invi
  本体価格  
¥1,450,000/台(税別)
 
invi
  強化電源(別売り)   BLACK BOX 本体価格:¥163,000/台(税別)
SUPER BLACK BOX 本体価格:¥430,000/台(税別)
 
invi
invi
     
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
invi
  Dimensions (in mm)
invi
invi
invi
  Features
invi
invi

インピーダンスタップについて・・・
OCTAVEのプリメインアンプ、パワーアンプは全て4Ω表示に統一されており、スピーカーのインピーダンスに応じて接続する個別の出力タップを設けることなく、OCTAVEの出力トランスは2Ωの低負荷から8Ωまで効率的に対応出来るように設計されています。
※詳しくはTECHNOLOGYページをご確認ください。

invi

PMZ コアについて・・・
PMZ の主な利点は浮遊磁場の軽減であり、コア内における磁界を最適化します。この特徴によって、トランスの変換効率自体を約5~10%向上させることができます。標準のEI タイプとの違いはギャップの形状です。 EI タイプは2 枚のピースからコアが成形されているため3 つのギャップがあり、うち2 つは磁気系の中心部分の外側にあります。それに対してPMZ タイプは1 枚のスチールで成形されています。ギャップを最小限に抑え、コアにおける損失を軽減することで、磁気密度をさらに10%向上させています。 この利点により、PMZ はパワートランスと出力トランスにおいて優れたものとなります。出力トランスにPMZ コアを使用することで、低周波数帯域においてとりわけ優れた特性を発揮し、歪みの減少と、出力の増加を実現します。真空管の出力信号はトランスにあまり左右されないとは言え、変換効率は重要なファクターです。

 
^ top