Black Box

The Black-Box is an external Power Supply Booster.


Super Black Box

The Super Black-Box is an external Power Supply Booster with enhanced Capacity.
 
 
 
 

 

 

invi
V 40 SE

OCTAVE のV40 SE は、出力50W x 2 RMS (4Ω) 五極管プッシュプルのプリメインアンプです。V40SE はV40 をベースに設計されており、改良点には、増幅段とパワーサプライが挙げられます。ドライバー回路にはアルミニウム電解コンデンサではなく、容量漏れの少ないタンタル電子コンデンサを使用しています。ドライバー管のヒーター電圧は、ヒーターシステムに起因するハム音やノイズを軽減させるために、緻密に安定化され、供給電圧とともに電力管理によって制御されています。ヒーターと電源供給電圧は、AC 電圧が85-115V の範囲で高い安定性とドリフトフリー動作を確保しています。 バイアス表示は、2 つの緻密な調整を可能にします。

・黄色LED~緑色LED (OK)の同時点灯⇒28mA
・28mA⇒ EL34、6L6 などの真空管を使用時のバイアス電流の推奨値
・緑色LED (OK)~赤色LED の同時点灯⇒34mA
・34mA⇒ 6550やKT88 などの真空管を使用時のバイアス電流の推奨値

どの出力管も過電流に対して保護されています。さらに保護回路とバイアスシステムそのものは、不良真空管による過電圧からも保護されます。 V40SE には、その他のパワー、プリメインアンプ同様、Black Box を接続することが可能です。アンプに負担がかかる低インピーダンスや低能率のスピーカーをドライブする場合にも、外部Black Box 又はSuper Black Box を使用することにより、V40SE の出力を最適化することが出来るのです。

入出力
V40SEには、RCAラインレベル入力が5系統、テープ出力が1系統、そして音量調整が有効なプリアンプ出力が1系統装備されています。またプリアンプ出力はICでバッファリングされ、接続された機器(通常はアクティブサブウーファー)からのグラウンドノイズなどの悪影響を軽減しています。 入力のうち「Front Channel」と印字された入力は、音量調整をバイパスするリレーと連動しており、このセレクタの位置では、V40SEはステレオパワーアンプとして動作しますので、AVシステムへの組み込みや、プリアンプの追加によるシステムのアップグレードが可能なのです。録音出力は常にアクティブで、「Front Channel」の位置でグラウンドショートしています。そのため、「Front Channel」信号の録音信号をつくることは其可能です。 入力セクションは標準のTape Monitor Record回路で作られていないため、信号経路でのリレー接点は少なくなり、影響は同じになります。

電源管理
電力機能に関する全ての機能(ヒーターの上昇、高電圧の上昇)は、電源管理によって統制され、真空管、整流器、コンデンサやスイッチ等の内部パーツを、電源投入時の過度電流から保護します。これは、真空管のみならず、コンデンサや全ての電力に関するパーツの寿命を保つのです。

ECO モード
ECO モードは、本体の電源が投入された時(使用中ではありません)の熱と不要な電力消費を軽減するものです。信号が検知されなくなって5 分後に、ECO モードは本体動作に必要な電源を休止させます。 この「スリープ」モードでは、V40SE は10Wのアイドル電流しか必要としません。そのため、本体をランニングさせるための熱はほぼ無くなり、ヒーター電圧とパワーアンプセクションのヒーター電圧はOFF になります。 音楽信号が再度V40SE で検知されると、ECO モードは本体を起動させます。動作までのディレイタイムは約35秒間です。

・出力段構成: 五極管接続プッシュプル動作
・真空管アイドル電流: 28mA: BIAS Low・34mA: BIAS High
・グリッド電圧は各々の真空管で個別調整が可能
・調整範囲: -16 ~ -42V、3 回転精巧レギュレータ
・ソフトスタート/ 突入電流制限: 突入電流メインズは約350W までに制限。
 遅延時間は35 秒(Super Black Box 接続時)
・動作遅延: 50 秒
・ヒーターシステム: 増幅管(電子管) AC 点火(6.3V AC)、ドライバー管DC 点火(6.3V DC)
・保護システム:出力管: 過度電流保護、トリガー電流190mA
        :ドライバー回路: 過度電圧保護、トリガー電流320V DC
・保護トリガーレベルを超過すると高電圧は切断されます
・NFB: 出力から入力管まで直接
・NFB: 10dB / 全体負荷4Ω - V40
・能率: フル振幅180mV / 負荷4Ω / 40W RMS
  チャンネル間誤差L-R: 1dB 以下(音量レギュレータ範囲0dB - 70dB)
・PMZ コア使用の広帯域幅トランスによる、シングルインピーダンス出力
・無負荷、あるいは出力はショートでもアンプは安定

 
Add On Modules  

  Spezifications      
invi
  出力管  
6550x4 (KT88, 6L6, EL34にも対応)
 
invi
  ドライバー管  
ECC83 / 位相シフタECC88(6922)
 
invi
  出力  
50W + 50W(KT88/6550)
40W + 40W(EL34/6L6)
 
invi
  周波数特性  
20Hz - 20kHz (フル出力時) 0 / -2dB
 
invi
  T H D  
0.1%以下(5W / 4Ω / 1kHz)
1% (30W / 4Ω / 1kHz)
 
invi
  S N 比  
-100dB
 
invi
  増幅度  
38dB / 4Ω 負荷
 
invi
  残留ノイズ  
300μV
 
invi
  チャンネルセパレーション  
40dB
 
invi
  クロストーク  
-90dB (input to input)
 
invi
  入力インピーダンス  
50kΩ
 
invi
  出力インピーダンス  
240Ω (preout)
 
invi
  入力感度  
180mV (0.18V)
 
invi
  最低負荷インピーダンス  
 
invi
  推奨負荷インピーダンス  
3 - 10Ω
 
invi
  消費電力  
140W 最小 (無信号時)  、 400W 最大 、20W エコモード時
 
invi
  入力  
ラインレベル(RCA フォノ) x 5 系統
  (フロントチャンネル[バイパス]入力を含む)
 
invi
  出力  
テープアウト(RCA フォノ) x 1 系統
  プリアウト(RCA フォノ) x 1 系統
 
invi
  スピーカー出力  
バインディングポストx 1 ペア
 
invi
  その他  
Black Box / Super Black Box 接続端子
 
invi
  invi Download:
取扱説明書:v40se_jan.pdf
 
  General Facts      
  動作電圧  
85 - 115V AC
 
  ヒューズ   3.15A (スローブロータイプ)  
  サイズ   408W×159H×415D (mm)※ノブ・端子・グリル含む  
  重量   17kg  
  付属品   リモコン(ボリューム専用)、電源ケーブル  
  本体価格   ¥650,000(税別)  
  仕上げ   V40SE/BK(ブラック)
  V40SE/S(シルバー)
 
  強化電源(別売り)   BLACK BOX本体価格:¥163,000/台(税別)
SUPER BLACK BOX本体価格:¥430,000/台(税別)
 
     
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
 Dimensions (in mm)
invi
bild
invi
invi
  Features
invi

インピーダンスタップについて・・・
OCTAVEのプリメインアンプ、パワーアンプは全て4Ω表示に統一されており、スピーカーのインピーダンスに応じて接続する個別の出力タップを設けることなく、OCTAVEの出力トランスは2Ωの低負荷から8Ωまで効率的に対応出来るように設計されています。
※詳しくはTECHNOLOGYページをご確認ください。

invi

PMZ コアについて・・・
PMZ の主な利点は浮遊磁場の軽減であり、コア内における磁界を最適化します。この特徴によって、トランスの変換効率自体を約5~10%向上させることができます。標準のEI タイプとの違いはギャップの形状です。 EI タイプは2 枚のピースからコアが成形されているため3 つのギャップがあり、うち2 つは磁気系の中心部分の外側にあります。それに対してPMZ タイプは1 枚のスチールで成形されています。ギャップを最小限に抑え、コアにおける損失を軽減することで、磁気密度をさらに10%向上させています。 この利点により、PMZ はパワートランスと出力トランスにおいて優れたものとなります。出力トランスにPMZ コアを使用することで、低周波数帯域においてとりわけ優れた特性を発揮し、歪みの減少と、出力の増加を実現します。真空管の出力信号はトランスにあまり左右されないとは言え、変換効率は重要なファクターです。

 

 

Frequency Response 5 W into 4 Ohm:

  bild
invi invi
 
  The Frequency Response curve clearly shows the low frequency extension of the V 40 SE.The loss @ 20 Hz is less than 0,2dB
invi invi
 

 

Interfering Signal Spectrum:

invi invi
  bild
 
  Interfering Signal Spectrum 1 kHz / 5 W into 4 Ohm: There is no mains intereference to be seen.(50 Hz < 200 µV, 100 Hz < 70 µV) The k2, k3, k4 and k5 noise spectrum is extremely low and falls quickly.
 
^ top