c
 
 
 
 
 
invi
invi
 
HP 300 MK2

真空管によるラインステージ部分と、
半導体による出力バッファ部分から成り立つハイブリッド真空管プリアンプ


HP300MK IIは、ハイブリッド構成により様々な負荷に対しても優れたドライブ力を発揮します。バッファには高電流出力デバイス(BUF634)を使用しています。真空管回路は2つの部分に分かれており、初段のECC802は高インピーダンスな入力段を形成し、ECC88 (6922)を使用する次段はバッファを駆動します。システムにはNFBをかけています。 本機は2つのゲイン設定 (gain low: 12.5dB, gain high: 17.5dB)が可能。XLR出力は半導体による反転アンプ素子を通して出力されます。バランス出力は常にRCA出力に対して+6dBの信号レベルです。 高電流出力が可能なバッファ部によって、HP300MK IIの実際の出力インピーダンスは非常に低くなります。バランス出力段はDC結合、RCA出力段はAC結合されています。RCA出力のカップリングコンデンサは15μFです。 フォノステージも同様の技術で造られています。RIAAアンプの中心には真空管が1本 (ECC81)あります。MC入力段には、特別な超低ノイズIC (LT 1115)を使用しています。 EQ部は真空管で形成され、出力段はFET入力IC (OPA604)によるものです。この3つの段の設計は、MCフォノサーキットに求められる全ての必要なセッティングを可能にします。MC入力インピーダンスは調整可能で、ゲインも選択でき、サブソニックフィルター機能も備えています。全ての内部供給電圧は各々の箇所で安定化されています。新しい電源部はより広い範囲の電圧変動に対応し、電源の汚染による音質への悪影響を受けにくくしています。その改善の度合いは商用電源や使用環境にも左右されますが、測定数値上のみならず、聴感上にも好結果をもたらしました。また、出力ハム音とノイズは理論値限界まで低減されています。

 

  Specifications      
invi
  [ラインアンプ総合特性]      
invi
  使用真空管   Line:ECC 802 JJ,6922
Phono:ECC81(5751or6072)
 
invi
  残留ノイズ   gain high/30μV以下
gain low/10μV以下
 
invi
  入力抵抗   アンバランス:100kΩ
バランス:5.6kΩ
 
invi
  出力抵抗   アンバランス:56Ω
バランス:2×22Ω
 
invi
  クロストーク   出力LR間:-80dB/1kHz(入力オープン100Ω終端)
  入力端子間:-90dB/1kHz(入力オープン100Ω終端)
 
invi
  ゲイン(high)   17.5dB  
invi
  ゲイン(low)   12.5dB  
invi
  周波数特性   3Hz-300kHz/-1.5dB  
invi
  全高調波歪率   0.001%(3V/7.5kOhm)  
invi
  全高調波歪率(RCA出力)   0.001%以下/通常-98dB(3Vrms)  
invi
  SN比   gain high/-92dB
  gain low/-100dB
 
invi
invi
  入力インピーダンス   100kΩ  
invi
  出力インピーダンス   100kΩ(アンバランス)
  2×100Ω(バランス)
 
invi
  チャンネルトラッキング   0.5dB/-70dB  
invi
  ピンアサイン・バランス出力   Pin01:ground
  Pin02:+(hot)
  Pin03:-(cold)
 
invi
  [MCフォノ部]      
invi
  RIAAイコライゼーション偏差  
±0.3dB(15Hz-20kHz)
 
invi
  サブソニックフィルター特性  
20Hz/-3dB(12dB Oct.)
 
invi
  入力インピーダンス  
30-1000Ωの間で16段階に設定可能
 
invi
  入力感度   0.1mV  
invi
  ゲイン(high)   71 dB  
invi
  ゲイン(low)   80 dB  
invi
  SN比  
- 75 dB
 
invi
  invi Download:
取扱説明書:hp300mk2_jan
 
invi
  General Facts      
invi
  出力端子  
XLR×1、RCA×2
(バイパスモード時には、XLRとRCA2には入力信号がスルーで出力される)
 
invi
  入力端子   RCA×4(フォノモデルはMC(RCA)×1、RCA×3)
XLR×1、テープ(RCA)×1
 
invi
  消費電力   25W  
invi
  重量   9kg  
invi
  標準アクセサリ   AC電源コード、リモコン  
invi
  サイズ   435W×65H×390Dmm  
invi
  本体価格   フォノモデル:¥840,000(税別)  
invi
  仕上げ   ブラック(HP300MK2P/BK)
シルバー(HP300MK2P/S)
 
invi
  本体価格   ラインモデル:¥670,000(税別)  
invi
  仕上げ   ブラック(HP300MK2L/BK)
シルバー(HP300MK2L/S)
 
invi
     
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
invi
  Dimensions (in mm)
invi
bild
invi
invi
  Features
invi
 

技術詳細
設計概念

・HP300MK IIの回路設計は、OCTAVEの最高級リファレンスプリアンプ Jubilee(ジュビリー/日本未発売)の設計理念に基づいています。真空管セクションによる増幅回路は、プリアンプの音楽的性能を特徴付ける重要な役割を担っています。さらに、半導体を使用した新設計のバッファ回路は、あらゆる負荷変動に対する安定性を備えています。

真空管とトランジスタの融合
・真空管とトランジスタの精巧な融合は、測定上、並びに聴感上においても、リスナーへ大きな利益をもたらします。パワーアンプへの出力には、半導体による超高性能なバッファ回路を挿入しており、並外れた実測値と安定性をもたらします。またバッファ回路を挿入したことによって、増幅段への負荷変動の影響を断ち切ることが出来るため、真空管が持つ豊かな色彩表現、並びに動的な特性のよさを最大限に発揮できるのです。

マルチCH再生に対応したバイパス機能
・ロータリースイッチによる入力切替から、リレーによるセレクタへ移行したことで、マルチCH動作のような複雑な切替システムの搭載が可能になりました。1つのシステムにおけるDVDやデジタル放送といったマルチch再生と、CDなどのステレオ2ch再生との融合を果たすために、HP300MK IIでは入力された信号をそのままプリ出力から出力できるバイパス機能が追加されました。このことによって、マルチチャンネルプロセッサとプリアンプで2段のボリュームを経由したり、ケーブルのつなぎかえによってパワーアンプを共用したりすることなく、1システムで両方の再生を楽しむことが出来るのです。さらに入力間のクロストーク特性も改善されています。

純粋な音楽再生
・音楽信号のみが増幅されている為、サウンドは活気があってのびのびとしており、不自然な音を付加しません。
 ゆえに極めて音楽的と言っても過言ではないのです。

テクニカルデータ
特 徴

・ 他のパワーアンプ/スピーカーとの最適な組み合わせを可能にするゲイン切り替え機能
・ 赤外線リモコン(音量のみ)
・ バイパス機能を使用するときは、AUXに入力された信号が、プリ出力のRCA2とXLRにそのまま出力されます。
・ ヒーターと高電圧供給箇所へのソフトスタート機能
・ 動作開始までの遅延時間は180秒
・ 装置動作電圧はAC 90-110V
・ ヒーターシステムはDC(6.3V)点火
・ プロテクション回路は内部の高電流・高電圧部分はリミッター回路によって制限。
 低電圧部分はフューズによって保護アンバランス、バランス出力はショートされます。
・ 天板を厚く強化したことで筐体の剛性が更に強化され、音質の重心を下げるのにも一役買っています。
・選択された入力を知らせるLEDの追加

 

invi Frequency Response:
  bild
invi invi
 
  Frequency Response accuracy of line-stages in "low gain" setting 20 Hz - 200 kHz: 0,1 dB
invi invi
» Total Harmonic Distortion:
invi invi
  bild
 
  Total Harmonic Distortion (THD + noise) of Line-Stage between 20 Hz and 200 kHz.
The distortions remains low up to 20 kHz.
invi invi
» Interfering Signal Spectrum:
invi invi
  bild
 
  Interfering Signal Spectrum of Line-Stage 5 V Output Voltage @ 1 kHz. The low level of hamonic distortion and low noise level are clearly visible.There are no hum components @ 50 Hz and 100 Hz.
invi invi
» Phono RIAA:
invi invi
  bild
 
  Frequency Response of Phono-Stage with and without Subsonic-Filter
 
^ top
 ^ top