logo
invi


Black Box

The Black-Box is an external Power Supply Booster.


Super Black Box

The Super Black-Box is an external Power Supply Booster with enhanced Capacity.
 
 
 
 
 
invi
 
V 80

V80 はOCTAVE 社が送り出す新設計のプリメインアンプです。このアンプは、大きなセパレートアンプを部屋に置くことに抵抗を感じるものの、音楽は好きで、できるかぎりよい音で音楽に浸りたいと願う方々のために開発されました。 この製品がセパレートアンプと比肩しうる音楽再生体験をもたらしてくれることを、OCTAVE は保証いたします。V80 は、一つの筐体で構成されるアンプでありながら、ハイファイシステムにおいて必要とするであろうあらゆる機能を備えています。我々は、このクラスのアンプにおいて類がない、将来を見通したいくつかの機能をも含めました。 パワーアンプ部は、6550Cによるプッシュプル構成の五極管接続であり、周波数特性は20Hz~70kHz。連続出力で65W×2 をギャランティします。設計はV80 のために特別に施されたものですが、その基本的な概念はモノラルパワーアンプであるMRE130 の設計において築かれたものです。 このパワーアンプ部は優れた負荷安定性を持ちます。すなわち、スピーカーのインピーダンス変動も低能率もV 80 の性能には影響を及ぼしません。 OCTAVE 伝統の保護回路も健在です。パワーアンプ内部の高電圧回路とプリアンプ用真空管のためのヒーター回路は、ロジックコントロール内のチェーンに組み込まれます。 出力管理システムは電子回路の保護機能と省エネルギー機能(Ecomode)をコントロールします。電子回路の保護機能は、出力管に流れる電流とドライバー段の動作電圧を常時モニタリングしています。これらの機能は、装置本体をAC電圧の変動を含むいかなる過負荷状況からも保護します(たとえばスピーカーケーブルのショート、出力管の異常、送電線への落雷など)。 プリアンプ部とパワーアンプ部は独立して使用可能なため、将来的なステップアップも容易に可能です。加えてマルチチャンネルプロセッサとの共生が可能なように、専用のボリュームバイパス入力端子を設けました。背面には、専用のヘッドフォンアンプを搭載したヘッドフォン出力端子も設けてあります(50Ω以上推奨)。 また、これまでのOCTAVE 製品になかった機能として、Ecomode 機能を搭載しました(ON/OFF 可能)。動作状況を常時監視して、無信号状態が10分経過したときには自動的にパワーダウンして待機モードへ入ることで、出力管の長寿命化と消費電力の低減を図ります( 無負荷時の消費電力:160W→20W)。

・MRE130で培った真空管増幅技術を継承
・主電源電圧の変動時(-20/+10%)にも、安定した電流供給を行う安定化回路
・整流ダイオードにはショットキーバリアタイプを採用
・マルチチャンネル用バイパス入力、プリアンプ出力、専用アンプを内蔵したヘッドフォン出力を装備
・電子モニタリング&電子保護システム2 重の突入電流保護などのスロースタート機能
・パワーアンプのエコモード機能真空管保護のため、
 一定時間の無音時(10 分)にはエコモードへ自動的に切り替わる。
 (消費電力無負荷時:160W→20W)また、ヘッドフォンによる聴取時にはこのモードで使用
・自社製トランス自社設計・製造の電磁シールドされたトランスは、
 ケース内部に振動抑制のための充填剤を使用
・シンプルで高精度な外装デザイン
・プリアンプ部/パワーアンプ部の独立使用可能
・XLR バランス入力端子(2 番hot)
・オプションでフォノ入力基板(MC のみ)を追加可能(ラインレベルモデル)
・オプションの電源強化ユニットBLACKBOX/SUPERBLACKBOX を追加で接続可能
・高品質な部品を採用ELMA(スイス)製ロータリーSW、Epcos 製コンデンサ

 
Add On Modules  

  Spezifications      
invi
  出力管  
6550C×4
 
invi
  ドライバー管  
1×6072, 2×ECC 82
 
invi
  フォノステージ部(オプション)      
invi
  M C-感度  
0.5mV
 
invi
  入力インピーダンス  
500Ω
 
invi
  パワーアンプ部      
invi
  出力   65W+65W  
invi
  周波数特性   20Hz-70kHz  
invi
  S N 比   -100dB  
invi
  最低負荷インピーダンス    
invi
  消費電力   160W 最小(無信号時)
  400W 最大
  20W エコモード時
 
invi
  入力   ラインレベル(RCA フォノ) ×4 系統
  ラインレベル(XLR バランス) ×1系統
  フォノレベル(RCA フォノMC) ×1系統(オプション)
  マスターイン(パワーイン・RCA フォノExtern モード時)
 
invi
  出力   テープアウト(RCA フォノ) ×1系統
  プリアウト(RCA フォノ) ×1系統
  ヘッドフォン(φ6.3mm 標準ジャック)
  マスターアウトフォノ(プリアウトRCA・Extern モード時)
 
invi
  スピーカー出力   バインディングポスト×1ペア(4mmバナナプラグ対応)  
invi
  その他  
BLACKBOX/SUPER BLACKBOX 接続端子
 
invi
  invi Download:
取扱説明書:v80_jan.pdf
 
invi
  General Facts      
invi
  サイズ  
451W×152H×416D (mm)(ノブ・端子含む)
 
invi
  重量   23kg  
invi
  付属品   リモコン(ボリューム専用)、電源ケーブル  
invi
  本体価格   ラインレベル¥1,240,000(税別)
  フォノステージ付:¥1,320,000(税別)
 
  オ プ シ ョ ン   フォノボード ¥80,000(税別)*後付けの場合、別途工賃がかかります  
invi
  仕上げ/型番   V80P/BK(フォノステージ付/ブラック)
  V80P/S(フォノステージ付/シルバー)
  V80L/BK(ラインレベル/ブラック)
  V80L/S(ラインレベル/シルバー)
 
  強化電源(別売り)   BLACK BOX本体価格:¥163,000/台(税別)
SUPER BLACK BOX本体価格:¥430,000/台(税別)
 
invi
     
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
invi
  Dimensions (in mm)
invi
bild
invi
  Features
invi

インピーダンスタップについて・・・
OCTAVEのプリメインアンプ、パワーアンプは全て4Ω表示に統一されており、スピーカーのインピーダンスに応じて接続する個別の出力タップはありませんが、OCTAVEの出力トランスは2Ωの低負荷から8Ωまで効率的に対応出来るように設計されています。
※詳しくはTECHNOLOGYページをご確認ください。

invi

PMZ コアについて・・・
PMZ の主な利点は浮遊磁場の軽減であり、コア内における磁界を最適化します。この特徴によって、トランスの変換効率自体を約5~10%向上させることができます。標準のEI タイプとの違いはギャップの形状です。 EI タイプは2 枚のピースからコアが成形されているため3 つのギャップがあり、うち2 つは磁気系の中心部分の外側にあります。それに対してPMZ タイプは1 枚のスチールで成形されています。ギャップを最小限に抑え、コアにおける損失を軽減することで、磁気密度をさらに10%向上させています。 この利点により、PMZ はパワートランスと出力トランスにおいて優れたものとなります。出力トランスにPMZ コアを使用することで、低周波数帯域においてとりわけ優れた特性を発揮し、歪みの減少と、出力の増加を実現します。真空管の出力信号はトランスにあまり左右されないとは言え、変換効率は重要なファクターです。

 

 

Frequency Response 4 V into 4 Ohm:

  bild
invi invi
 
  The Frequency Response curve clearly shows the low frequency extension of the V 80 ( flat to below 10 Hz )
invi invi
 

 

Interfering Signal Spectrum:

invi invi
  bild
 
  Interfering Signal Spectrum @ 1 kHz / 5 W into 4 Ohm: There is no mains-borne interference to be seen. ( 50, 100 Hz ) The k2, k3, k4 and k5 noise spectrum is extremely low and falls quickly.
 
^ top