Black Box

The Black-Box is an external Power Supply Booster


Super Black Box

The Super Black-Box is an external Power Supply Booster with enhanced Capacity.
 
 
 
 
 
invi
 
MRE 220

MRE220 は、これまで数々の賞を受賞してきたRE290 ステレオパワーアンプとMRE130 モノパワーアンプをベースに新設計された高性能モノパワーアンプです。RE290 は新しく開発されたKT120 出力管を最高度に活かすよう設計されました。KT120のためにOCTAVE が設計したパワーアンプ第2弾であるRE220 は、これまで真空管アンプでは到達不可能と考えられていたハイパフォーマンスを実現。瞬間最大出力は300W、RMS(最大出力)では220W/4Ω を誇ります。 出力の周波数特性は20Hzから70kHzに及び、S/N比は116dBを超えます。そしてスピーカーの負荷インピーダンスが2.5Ωになっても安定動作し続けます。 また、オプションでXLR入力にトランスカップリング入力を選択することが可能です。この入力に使用される高性能トランスはGNDラインからの回りこみノイズや高周波ノイズを排除します。 新世代のパワーアンプであるRE290 の洗練された新開発ドライバー段の設計を、MRE130 に移行することがこのプロジェクトの挑戦でした。MRE130 のドライバー段の設計はRE290 とは世代の差といえる違いがあり、それは、プッシュプル設計の原則を最適化する高周波の位相補償回路にあります。新設計された非常に対称度の高い出力トランスにおいてもMRE220 はプッシュプル設計におけるわずかな問題点をも解決します。 その結果がスピーカーのインピーダンスから開放された迫真の駆動力と色付けの無い再生能力です。 完璧に最適化されたプッシュプル設計自体は、これまでのOCTAVE オリジナルのSE 設計と類似するものです。これによりRE290 とMRE220 は、ドライバー段のより良い位相制御の改善を実現しています。より良い周波数レスポンス、高い周波数帯域における歪率のさらなる低減、負荷インピーダンスに関するより高い安定性。MRE220 は、MRE130 とジュビリーアンプとの間にラインナップされ、この価格帯におけるリファレンスとなる圧倒的な性能を獲得しています。

・信頼性の高いMRE130 と受賞歴のあるRE290 をベースに設計
・KT120 を搭載し、新しく設計されたパワーサプライと出力トランス部により、
 真空管アンプでは不可能だったパフォーマンスを達成
・出力パワーは220W RMS(4Ω)、そして300W(インパルスパワー)まで対応
・フルパワー時の出力帯域幅: 20Hz~70kHz
・2.5Ωスピーカーインピーダンスまで安定可能
・オプション: 入力部へのバランス入力トランス搭載が可能
・入力トランスなど、サウンドに影響するグラウンドラインの
 高周波数ノイズと高影響のグラウンドループの排除が可能

 
Add On Modules  

  Specifications      
invi
  出 力(KT120/4Ω時)  
High:200W(連続)|220W(ピーク)
  Low :140W(連続)|150W(ピーク)
  ※8Ω時の出力は上記より20%減
 
invi
  構成  
拡張型五極管プッシュプル動作、クラスA/B、 10 回転ポテンションメーターによる精緻かつ簡便なバイアス電流調整機能、
広帯域出力トランス(シリコンスチールによるPMZ コア採用)
 
invi
  周波数特性  
20Hz~70Khz/-2dB *フル出力時
5Hz~80kHz/-3dB *5W 出力時
 
invi
  残留ノイズ  
100μV 以下、150Hz~15kHz>-116dB
 
invi
  増幅度  
29.5dB(RCA)
 
invi
  入力感度
RCA:1V (220kΩ入力負荷)
XLR :トランス:2V PP (7kΩ入力負荷)
  :電子回路:1V PP(25kΩ入力負荷)
※PP=PeaktoPeak(XLR +と-の間のレベル)
 
invi
  全高調波歪み  
0.1%以下(10W/4Ω)
1.5%以下(180W/4Ω)
 
invi
  N F B 値  
6dB
 
invi
  S N 比  
116dB 以上
 
invi
  最少負荷インピーダンス  
 
invi
  バイアス  
Low: 33mA 、High: 40mA
 
invi
  出力管  
KT120×4
OCTAVEオリジナルのバイアス調整機能によりKT88等の同等管と差替え可能
 
invi
  ドライバー管  
ECC802 JJ ×1 、12 AU 7×1
 
invi
  入力管  
6SN7×1
 
invi
  エコモードのトリガーレベル  
0.6mV
 
invi
  消費電力  
180W 最小(無信号時)、500W 最大 、20W エコモード時
 
invi
  入力  
RCA × 1 系統、XLR × 1 系統
 
invi
  スピーカー出力  
バインディングポストx 1 ペア
(4mmバナナプラグ, Y ラグ6mm以上対応)
 
invi
  icon Download
取扱説明書:mre220_jan.pdf
 
invi
  General Facts      
invi
  ヒューズ  
6.3A (スローブロータイプ)、5x20mm IEC
 
invi
  サイズ  
488W×215H ×419D (mm)*ノブ・端子・グリル含む
 
invi
  重量  
29.3kg *グリルカバー含む
 
invi
  仕上げ   シルバー/ブラック  
invi
  付属品  
電源ケーブル、スペア出力管、バイアス調整用3mm ドライバー、
グリルカバー脱着用六角レンチ
 
invi
  本体価格   ¥2,700,000 /ペア(税別)  
  オプション  
トランスカップリング入力:¥96,000/ペア(税抜)
*オーダー時にお知らせください
 
invi
  強化電源(別売り)   BLACK BOX 本体価格:¥163,000/台(税別)
SUPER BLACK BOX 本体価格:¥430,000/台(税別)
 
invi
     
※製品の仕様、規格、デザイン、価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
  Dimensions (in mm)
invi
bild
  Features
invi
invi

インピーダンスタップについて・・・
OCTAVEのプリメインアンプ、パワーアンプは全て4Ω表示に統一されており、スピーカーのインピーダンスに応じて接続する個別の出力タップを設けることなく、OCTAVEの出力トランスは2Ωの低負荷から8Ωまで効率的に対応出来るように設計されています。
※詳しくはTECHNOLOGYページをご確認ください。

invi

PMZ コアについて・・・
PMZ の主な利点は浮遊磁場の軽減であり、コア内における磁界を最適化します。この特徴によって、トランスの変換効率自体を約5~10%向上させることができます。標準のEI タイプとの違いはギャップの形状です。 EI タイプは2 枚のピースからコアが成形されているため3 つのギャップがあり、うち2 つは磁気系の中心部分の外側にあります。それに対してPMZ タイプは1 枚のスチールで成形されています。ギャップを最小限に抑え、コアにおける損失を軽減することで、磁気密度をさらに10%向上させています。 この利点により、PMZ はパワートランスと出力トランスにおいて優れたものとなります。出力トランスにPMZ コアを使用することで、低周波数帯域においてとりわけ優れた特性を発揮し、歪みの減少と、出力の増加を実現します。真空管の出力信号はトランスにあまり左右されないとは言え、変換効率は重要なファクターです。

 
^ top