invi
invi
IN 1 MM RCA
invi
invi
IN 2 MC RCA
invi
invi
IN 3 MC XLR
invi
invi
invi
invi
IN 4 Line Level RCA + XLR
invi
invi
IN 6 Step Up Transformer 1/15 or 1/30 switchable
invi
invi
IN 7 XLR MC transformer input module
invi
invi
IN 8 XLR Line transformer input module
invi
invi
Remote Control
 
 
 
invi
 
HP700 次なる段階へ

HP700 – インテリジェントなモジュール方式と洗練された真空管技術により、このプリアンプは将来にわたって安心してお使いいただけます。真空管プリアンプとして革新的な精密技術とユーザーの音楽趣向に応じて自由にシステムを組み立てることの出来るインプットモジュール。組み合わせるオーディオ機器の制約にとらわれずに、ユーザーは意のままにHP700をカスタマイズすることが可能です。その結果、それぞれのハイエンドオーディオシステムとそれぞれのユーザーに最適化された圧倒的なサウンドクオリティをもたらしました。次なる段階へ・・・全ての音楽愛好家の理想に向けての大きな一歩です。

ラインステージの精密技術
選択可能な出力インピーダンスと、それらを組み合わせた3段階のゲイン設定は、使用する再生機器に応じてHP700の完璧な微調整を可能にします。前面の動作モード切り替えスイッチでの3段階のゲイン設定により、スピーカーの能率と音量コントロールの最適な調和が実現できます。さらに内部にある切り替えスイッチで出力インピーダンスをRCA:LOW(100Ω)またはHIGH(300Ω)へ選択する機能はケーブル特性、ケーブル長、ケーブル容量、並びに出力段の感度を最適化し、組み合わせるパワーアンプとのマッチングを最良のものにします。

電源ユニット技術
新規開発された高精密・低ノイズの供給電圧安定化回路により、HP700の外付け電源供給ユニットは、給電されるAC電源電圧に大幅な揺らぎや高レベルの干渉が発生した場合でも均等化された出力を確保します。それに加えて、トータル制御システムが操作の信頼性を最大限保証し、OCTAVE独自のソフトスタート技術との相乗効果で本体ならびに真空管の長寿命化をお約束します。

バイパス
マルチチャンネルバイパス機能により、HP700を既存のホームシアターシステムに組み込むことを可能にします。背面パネルのスイッチ切り替えでXLR又はフォノ入力のどちらかを選択することができます。


追加オプション:
PHONOボード

技術革新はフォノRIAAアンプの再設計にも適応されました。RIAA段においてはS/N比を改良し、同時にシステムに起因する歪みも軽減しました。帯域幅を拡張することでRIAAイコライゼーションの精密度を向上させ、アナログ再生においてフルポテンシャルを発揮します。オプションの入力モジュールの多様性により、あらゆるピックアップに最適な入力がインストール出来ることを確約します。
※フォノ対応にする場合は、フォノモデル本体とフォノ入力モジュールをお選びください

ステップボリュームコントロール
オプションの周波数補正された47ステップスイッチを使用することで、音楽信号の品質に関するコントローラの影響を取り除くことが出来るでしょう。  0.1dBでチャンネル偏差 は極少レベルのものです。OCTAVE自社開発の音量コントロール設計はコントロール領域全体を介して周波数帯域幅をコンスタントに維持し、コントローラ関連歪みをほとんど測定出来ないレベルまで下げています。

TONE CONROL
精密トーンコントロール

革新的なトーンコントロールの操作によってHP700は完成されます。真空管ベースの精密なトーンコントロール機能が低音量時においてもサウンドの安定性を保証します。0.3dBというチャンネルセパレーションの低域と高域の精密な調整によって空間再生の妨げになることなくトーンの微調整ができます。

バランスコントロール
周波数補正バランスコントロールはチャンネルセパレーションされた音量調整が1dB段階で可能です。この技術はコントローラ関連のサウンドシフトを排除します。12ステップのスイッチによって、設定は100%の再現性で長期間、安定動作するものです。

出力セレクタスイッチ
この機能でフォノ×2系統、XLR×1系統の各出力段をすべて同時に出力、またはそれぞれ個別に出力することが可能です。合計3つの出力段を活用して別々の部屋でスピーカーを鳴らす、又はバイアンプ、トライアンプで接続することもできます。


オプション:モジュール入力の適用

標準のラインモデルは十分に吟味された入力機能を備えていますが、さらに必要に応じてモジュールを2つまで追加搭載することも可能です。入力モジュールには、MCステップアップトランスやトランスベースのXLR入力モジュールなど、特別な用途にも対応できるものがあります。抜き差し自由なモジュールはいつでもインストール又はアップグレードが可能です。

:インプットモジュール
IN 1:MM RCA×1 系統/ 入力インピーダンス 1k/47kΩ 可変 本体価格:¥68,000(税別)
入力インピーダンスを1kΩ か47kΩ に切り替え可能なRCA MM モジュール

IN 2:MC RCA×1 系統/ 入力インピーダンス 62~1kΩ 可変 本体価格:¥94,000(税別)
入力インピーダンスを60~1kΩ の13 段階に切り替え可能なRCA MCモジュール×2段階のゲイン調整が可能

IN 3:MC XLR×1 系統/ 入力インピーダンス 62~1kΩ 可変 本体価格:¥94,000(税別)
入力インピーダンスを60~1kΩ の13段階に切り替え可能なXLR入力ジャックが搭載されたバランスMC モジュール低出力MC のバランス信号処理は再現音質を著しく向上させます。

IN 4:Line Level : RCA×1 系統/ XLR×1 系統 本体価格:¥94,000(税別)
ラインレベル入力(RCA/XLR)モジュールCDプレーヤ、D/A コンバーターなど2台のラインレベル出力装置の接続が可能 接続の可能性を拡張するユニバーサルモジュールです。

IN 6:低出力/中・高出力MCカートリッジ用ステップアップトランス/昇圧比1:15/30
インピーダンス切り替え仕様 本体価格:¥340,000(税別)

トランスは2段階で切替え可能、実際にあらゆるMCシステムへの接続を可能にします。トランスは電子回路を介さず信号を増幅するので、半導体のサウンドカラレーションが発生しません。

IN 7:バランスフォノ入力 MCカートリッジ用ステップアップトランス 昇圧比1:20
本体価格:¥340,000(税別)

バランス入力用のステップアップトランス。ゲインは1:20。 カートリッジのバランス接続はS/N比に効果的です。レコードプレーヤーからの信号ケーブルが比較的長い場合でも濁りの無い音質を確実にします。

IN 8:バランス入力 ラインレベルトランス(1:1 トランス内蔵) 本体価格:¥148,000(税別)
トランスベースのシンメトリカル入力モジュール。音質の観点から、トランスはバラン ス伝送の利点を維持する最善の方法です。また、トランスはグラウンド信号の電気 的分離を確実にする唯一のデバイスです。バランス入力トランスはこのモジュール のために特別に作り上げました。最新の高度技術によるコアマテリアルはコアから 発せられる歪みを10倍も排除。周波数帯域もまた100kHz まで拡張されました。

 

  Specifications      
invi
  Line ステージ      
invi
  使用真空管   12 AU 7 、EF 184 x2  
invi
  出力インピーダンス   RCA:100Ω/300Ω切り替え
XLR:150Ω
 
invi
  モニター出力の出力インピーダンス   240Ω  
invi
  最大出力電圧   12 V  
  増幅度   HIGH:25dB=18.5
MID:18dB=7.8
LOW:12dB=4
 
invi
  SN比   HIGH:-98dB/38μV
MID:-104dB/18μV
LOW:-110dB/8μV
 
invi
  周波数特性   HIGH RCA:10Hz-200kHz -0.7dB
MID RCA:10Hz-200kHz -0.3dB
LOW RCA:10Hz-200kHz -0.2dB
XLR:10Hz-200kHz -1.5dB
 
invi
  全高調波歪   0.01% /3V (10 kΩ時)  
invi
  チャンネルセパレーション   90 dB/1 kHz,入力ショート  
invi
  入力端子間のクロストーク   RCA:-80 dB,XLR:-95 dB /1 kHz  
invi
  入力インピーダンス   50 kΩ  
invi
  ボリュームコントロールのch偏差   0.5 dB – 70 dB  
invi
  Phonoステージ      
invi
  使用真空管   12 AX 7、12 AT 7、6922  
invi
  RIAA復調偏差   0.3 dB/15 Hz – 20 kHz  
invi
  サブソニックフィルタ   15 Hz / - 3 dB  
invi
  SN比差   -75/-84 dB(IN 2 MC入力)  
invi
  入力感度   250 µV/600 µV(IN 2 MC入力)  
invi
  フォノ入力モジュールの増幅度(Pre Out)      
  MC Gain Low
MC Gain High
  LOW: 70 dB, MED: 77 dB, HIGH: 83 dB
LOW: 79 dB, MED: 86 dB, HIGH: 92 dB
 
invi
  一般      
invi
  入力   RCAx3系統、 XLRx2系統
RCAホームシアターx1系統(XLR切替可能)
選択可能なモジュール入力x2系統
 
invi
  出力   RCAx2系統、XLRx1系統
モニター固定(RCA)x1系統
 
invi
invi
  XLR伝送比   0 dB  
invi
  XLR ピン配置   1 = ground / 2 = + / 3 = -  
invi
invi
  消費電力   35 - 60W  
invi
  本体重量   10.8kg(搭載モジュール無し時)  
invi
invi
  電源重量   4kg  
invi
  サイズ:本体   W462 x H130 x D480 (mm)  
invi
invi
  電源部   W110 x H90 x D277 (mm)  
invi
  付属品   電源コード、ボリューム専用リモコン  
invi
invi
  仕上げ   アルミニウムシルバー/アルミニウムブラック  
invi
  invi Download:
coming soon
 
invi
  価格(税別)      
invi
  ラインレベル  

本体価格:¥1,700,000(税別)

 
invi
  フォノレベル  

※別途フォノ入力モジュールが必要です 本体価格:¥1,880,000(税別)

 
invi
  オプション      
invi
  コントロール機能:   トーンコントロール/バランスコントロール/アウトプットセレクタ
本体価格:¥370,000(税別)
 
invi
  ステップ・アッテネーター:   47 ステップボリューム 周波数補正
本体価格:¥370,000(税別)
 
invi
     
※製品の仕様,規格,デザイン,価格は改善等の為予告なく変更する場合がございます。
 
invi
  Dimensions (in mm)
invi
bild
invi
invi
  Features
invi

・2 系統のRCA 出力と1 系統のXLR 出力が装備
・ XLR 出力はトランスバランスされ直流的に絶縁
・ヒーティング、電源、信号出力のためのソフトスタート;最大限の長寿命の真空管とトラブル知らずの電源オン/オフ
・ライン段のゲインは3 段階に切替え可能
・マルチプルシールディングされたパワートランスと統合メインズフィルターを装着した外部電源ユニット

 

invi Frequency Response:
  bild
invi invi
 
  Frequency response and gain of line stages in Gain Low (12 dB), Med (18 dB), and High (25.5 dB) settings.
invi invi
  Line stage hum and noise level:
invi invi
  bild
 
  No mains interference can be detected during noise level measurement either; the noise level decreases linearly by 6 dB for each gain setting.
invi invi
» FFT interference spectrum:
invi invi
  bild
 
  Interfering Signal Spectrum of Line-Stage 5 V Output Voltage @ 1 kHz. The low level of hamonic distortion and low noise level are clearly visible.There are no hum components @ 50 Hz and 100 Hz.
invi invi
» Control characteristics of the tone control:
invi invi
  bild
 
  The control range encompasses the area between the red and blue graphs. The precisely adjustable controls allow for settings in the 1 dB range based on the scale. One scale mark corresponds to +/- 4 dB.

» Control characteristics of the tone control:
invi invi
  bild
 
  The control range encompasses the area between the red and blue graphs. The precisely adjustable controls allow for settings in the 1 dB range based on the scale. One scale mark corresponds to +/- 4 dB.

» Control range and balance control frequency response:
invi invi
  bild
 
  The compensated balance pre-control exhibits virtually the same frequency response with all settings.
 
^ top